神奈川・東京での産業廃棄物収集運搬業許可なら新横浜の産廃専門 Y&Y行政書士事務所へ。積替保管などの申請も対応。

神奈川・東京の産業廃棄物の許可申請は、産廃専門の行政書士が全部代行いたします!

地球の環境保全共同体 Y&Y行政書士事務所

下記にひとつでもあてはまるお客様は、直ぐにお電話を‼ 全部解決します。

□大急ぎで「収集運搬業許可」をとりたいお客様□忙しくて更新・変更の申請手続きができないお客様□積替え保管・中間処理なども計画されているお客様□廃棄物処理法の運用を社内に周知徹底させて、リスクマネジメントの推進をお考えのお客様□合わせて会社設立・起業を計画されているお客様□合わせて資金調達の検討をされているお客様□地球環境の保全のためにプライドを持って仕事をされているお客様

Y&Y行政書士事務所がお約束する3つの安心

迅速・確実 産廃専門の行政書士です。夜間休日も対応させていただきます。

安心の明朗報酬 十分な事前ヒアリングをもとにご納得いただけるお見積書を提示いたします。見積もり金額以外の費用の発生はありません。

万全のアフターフォロー 許可取得後の各種変更・追加手続等もしっかりサポートいたします。

建設業者さんへ2

❖❖ 2017年/10月~12月のトピックス ❖❖

トピックス① この秋、水銀廃棄物の取扱いが変わりました!

産廃に「水銀使用製品産業廃棄物」「水銀含有ばいじん等」の定義が追加になりました!注目2
◯【施行規則改正のあらまし】
平成29年6月9日に「施行規則の一部を改正する省令」が交付され、(普通)産業廃棄物に「水銀使用製品産業廃棄物」「水銀含有ばいじん等」という定義が加わることになり、これらの取扱いには処理基準が追加され平成29年10月1日から施行されました。
続きはこちら >>> 最新のトピックス

トピックス② 許可申請書の様式が全国的に変わりました!

ローカルルールが少々是正され、様式がだいぶ共通化されました!注目2
◯【申請様式改定のあらまし】
これまで許可申請書(第1面~第3面)は従来からほぼ全国共通でしたが、それに続く「事業計画の概要」については、それはそれは自治体ごとにかなりの違いがありました。
続きはこちら >>> 申請書類/ローカルルール満載

❖❖ お客様に必ず満足いただける『3つのこと』 ❖❖

『産廃特化の行政書士事務所』 だからこそできるサービスがここにあります

産業廃棄物収集運搬業許可は、一定の要件さえ満足すれば、どこの行政書士事務所に依頼しても取得できますし(サービスの良し悪しは別にして)、また時間さえあればご自分で手引きを参照しながら申請書類を作成することもできます。

しかし、以下のような『許可のデンジャラスゾーン』にいらっしゃるお客様は、少々ハードルが高くなりますので、以下の10項目のうちひとつでも該当する場合は、迷わず当事務所にお電話を(初回相談無料です)! 

ハードルが高いからこそ、デンジャラスゾーンにいらっしゃる多くのお客様の許可取得に関わってきた産廃に特化した行政書士の出番なのです。

●『許可のデンジャラスゾーン 』 10項目
当事務所は『許可のDangerous Zone(デンジャラスゾーン) 』にいらっしゃるお客様にきちんと許可を取得していただくことを使命にしております。
任せなさい
  1. 元請からとにかく大急ぎで許可をとりなさいと言われた。
  2. 開業してまだ日が浅い。
  3. 個人事業主としてこれから開業する。
  4. 直近の決算で債務超過の状況にある。
  5. 直近の決算で収支がマイナスである。
  6. 他の行政書士事務所では、許可取得は難しいと言われた。
  7. 許可の更新を忘れていて、あと1週間で許可が切れる。
  8. 増車や減車があるのに変更届を出したことがなく、おまけに5年前の申請副本を紛失し、どうやって更新申請してよいか困っている。
  9. ひょっとしてうちの役員が欠格要件に該当しているかもしれない。
  10. 車両は、5ナンバーの乗用車しか持っていない。

②報酬をいただくからには お客様には本業に専念 していただきます

トラックの運転手2許可申請にあたっては、様々な書類を集めなければなりません。

お客様には本業に専念していただくために、煩わしい公的書類等(住民票や登記簿謄本など)の取得は、すべて当事務所で行ないます。

お客様にはiPhoneを使用して登録車両と運搬容器の写真を撮影して、それを当事務所にメールで送っていただくことだけを唯一お願いしています。

これで許可が取得できます。

③社員様全員を対象に廃棄物処理法の社内研修を行ないます

許可を取得して実際に産業廃棄物の処理を行なう場合、廃棄物処理法で定められたルールに従って運用を行なうのですが、会社の役員や各部門のリーダーだけが理解していてもあまり意味がありません。

知らないうちにルール違反をして行政処分を受けることのないよう、廃棄物処理法で定められたルールは、全社・全従業員で共有化できてこそ「コンプライアンス経営」がなされていることになります。

当事務所では、『廃棄物処理法で定められたルールを全社で共有化する』をテーマに、以下のようなカリキュラムをベースにお客様の業態ごとに合わせたテーマを加味した社内研修を、お客様の会社の会議室にうかがって開催しております。

●『廃棄物処理法を全社で共有化する研修会』のプログラムの例
講習会2

  1. 『廃棄物用語』を正しく理解する
  2. このゴミは誰のゴミ?(誰が『排出事業者』か)
  3. 産廃の処理を外部に委託する場合、必ず守らなければならない『委託基準』を正しく理解する
  4. 『委託契約書』の作成に関するポイント
  5. 『マニフェスト』の運用に関するポイント
  6. 他社の失敗事例に学ぶ

❖❖ 最短で許可を取得する裏技があります ❖❖

これが『許可を一日でも早く取得する』ステップ!

●許可を一日でも早く取得する有効なステップ

  1. 講習会の受講日を決定して受講の予約を入れる (お客様)
  2. 当事務所に連絡をいただく (お客様)
  3. 受講日の2週間後に申請の予約を入れる (当事務所)
  4. 申請書類を作成する (当事務所)
  5. 講習会を受講する (お客様)
  6. 申請する (当事務所)
  7. 許可がおりる

講習会の予約状況は一ヵ月後の講習会に予約が入れられるかどうか微妙なくらいいつも盛況ですから、受講して修了証が手元に届いてから申請の準備をしていたのでは、その時点で一ヵ月以上ロスしてしまいます。

『まずは一刻も早く受講日を決定して受講の予約を入れる』

これが一番最初にお客様にやっていただきたいことなのです。

講習会の予約方法など不明なところがありましたら、どうぞお電話ください。
講習会の詳細はこちらから >>> 講習会の日程(全国どこでも可!)

自己ベスト更新中!『ご依頼から許可申請まで』の最短日数‼
『フットワークの軽さ』がウリです。

ハードル競争

  1. 記録更新月
    2016年2月
  2. お客様
    横浜市でビルメンテナンス業を営むお客様
  3. ご依頼から許可申請までの日数
    土日をはさんで 5日!
    木曜日の夕方にご依頼いただき、
    金曜日に全ての公的資料を収集して、
    翌週月曜日(許可の有効期限満了日)に申請完了。
    ※更新許可申請ならではの荒業です。
    新規許可申請の場合は、申請予約の込み具合に左右されますからこうはいきません。  
    神奈川県は約30日待ちです(2017年11月30日時点)。
    神奈川県の申請をご計画のお客様! お早めに申請のご準備を。

❖❖ 『許可の4要件』をクリア!これで収集運搬許可取れます‼ ❖❖

申請のSTEP

許可の4要件を具体的に (積替え保管なしの場合)

許可証見本

【1】会社(法人、個人)、役員、株主が「欠格要件」に該当しない

  1. ☑成年被後見人等にあてはまらない。
  2. ☑過去に禁固刑や罰金刑をうけたことがない。
  3. ☑過去に廃棄物処理業許可を取り消されたことがない。

【2】「指定講習会」を受講し、試験に合格している

  1. ☑指定講習会の有効な「修了証」が手元にある。

【3】会社の財務基盤がしっかりしている

  1. ☑事業開始に要する十分な資金が準備されている。
  2. ☑直近の決算で経常利益がプラスである。
  3. ☑債務超過でなく、自己資本比率が10%以上である。
  4. ☑直近の決算で法人税(個人は所得税)を納めている。
  5. ☑法人税(個人は所得税)の滞納が無い(完納している)。

【4】適切な「運搬車両」「車庫」「容器」がある

  1. ☑「貨物」(1または4ナンバー)または「特殊」(8ナンバー)の車両を1台以上所有している。
  2. ☑運搬車両のための駐車場がある。
  3. ☑廃棄物に合わせた適切な運搬容器が準備されている。

詳細はこちらから
>>> 申請の準備(まずは5項目をcheck)

「積替え保管あり」又は「処分業許可」の場合

ドラム缶積替え保管の「有り」「無し」では許可取得の要件が大きく異なり、「積替え保管有り」の場合は、処分業許可のミニチュア版であり、以下の点を考慮しなければなりません。

  • ☑ 事業計画を作成し、役所との事前の打ち合わせをします。
  • ☑ 積替え保管場所又は処分場となる十分な広さの事業用地と倉庫が必要です。
  • ☑ 多くの場合、住民説明会を開催し、近隣住民の同意が必要になります。

「収集運搬業許可/積替え保管あり」の場合と「処分業許可」の場合は、手続きのハードルの高さを考えると、初めから行政書士を巻き込むのが賢明です。

❖❖ サービス内容・報酬額 ❖❖

産業廃棄物収集運搬業/新規許可(積替え・保管なし)/まるごとお任せパック
普通産廃・特管産廃共通 (※PCB廃棄物については別途見積となります)

キャンペーン

『新規許可』を申請する場合

同時申請自治体数 基本報酬額
(消費税別途)
申請手数料
(実費)
合計料金
(消費税別途)
1自治体 83,000円~ 81,000円 164,000円~
2自治体 145,250円~
(83,000円×175%)
162,000円
(81,000円×2)
307,250円~
3自治体 186,750円~
(83,000円×225%)
243,000円
(81,000円×3)
429,750円~
4自治体 228,250円~
(83,000円×275%)
324,000円
(81,000円×4)
552,250円~
5自治体 269,750円~
(83,000円×325%)
405,000円
(81,000円×5)
674,750円~

※同時申請が6自治体以上の場合は、ご相談ください。

その他のサービス内容・報酬の詳細はこちらから >>> サービス内容・報酬額

上記料金表に含まれるサービスの内容

  • ☑ 個人事業者様と法人で役員様がお一人の場合で、登録車両が10台までの報酬額です。
  • ☑ 法人の場合で役員様がお二人以上の場合は、お一人につき3,000円の追加になります。
  • ☑ 登録車両が11台以上の場合、1台につき2,000円の追加になります。
  • ☑ お打合せのためのご来所は不要です。
  • ☑ 面倒な書類作成一式を私どもでやらせていただきます。
  • ☑ 代行取得できる公的書類は私どもで取得します
       ※取得枚数分の発行手数料(実費)は別途必要になります。
       住民票
       法人登記簿謄本
       納税証明書
       登記されていないことの証明書
  • ☑ 書類作成後は、行政庁窓口に申請の代行をいたします。
       ※申請の行政庁窓口までの交通費(実費)は別途必要になります。
       ※お客様ご自身での申請も可能です。
  • ☑ 5年ごとの更新の案内を私どもから連絡差し上げます。
  • ☑ 従業員様向けに廃棄物処理法運用の社内セミナーをいたします。
  • ☑ 6ヵ月間の無料Eメール法務相談をご利用頂けます。

当事務所の営業エリア

日本全国すべての都道府県の許可申請を全部サポートいたします。

❖❖ 自分でできます‼ 申請書作成と役所への申請 ❖❖

「自分でやるか? 行政書士に依頼するか?」 を迷われているお客様へ!

●自分で申請したほうが良いと思われるケース

走る作業員「許可の4要件」さえクリアできれば、わざわざ行政書士に報酬を支払って頼まなくても「産業廃棄物収集運搬許可(積替え保管なし)」は、「申請の手引き」を参照しながらご自身で申請ができます。

以下にあてはまるお客様は、ご自身で申請することをお勧めします。

  • 許可取得をそんなに急いでない。
  • 几帳面な性格で細かな書類つくりが嫌いではない。
  • 本業以外の自由な時間がある。
  • 都道府県庁が近くにあり、2~3回往復しても問題ない。
  • 役人との丁々発止の交渉に慣れている。

 

●行政書士に依頼したほうが良いと思われるケース

行政書士が申請前述とは反対に、「大急ぎで許可を取得したい」「自分で申請する時間が無い」という場合は、産廃専門(専門でないといけません:理由は後述)の行政書士に依頼したほうがいいかもしれません。

そして次の許可申請はちょっと難易度が高く時間と労力が必要ですから、ご自身でトライすることはお勧めできません。
はじめから産廃専門の行政書士を巻き込むほうが賢明です。

  1. 開業して間が無く、3期分の決算書類がない
  2. 現在、債務超過の状況にある
  3. 直近3期の決算で経常収支がマイナスの年がある
  4. 個人事業主として許可をとりたい
  5. たいへん!許可の更新を忘れていて、あと1週間で許可が切れる
  6. 特別管理産業廃棄物の収集運搬許可を取りたい
  7. 積替え保管ありの収集運搬許可を取りたい
  8. 中間処理業許可を取りたい
  9. 一般廃棄物収集運搬許可を取りたい

ひとつでもあてはまる場合は、当事務所にご相談ください。

※行政庁への許認可の申請業務は、行政書士の専権業務です。
 司法書士、弁護士、税理士等がこれを行なうことはできません。

 

ご自身で申請する場合の流れ(産廃収集運搬・積替え保管なし)(※ご注意ください。時間と労力はたっぷりかかります。)

➀申請の予約
申請窓口の都道府県庁に申請の予約を入れます。混んでいると1ヵ月ぐらい先になります。

➁申請書作成
役所のホームページから申請書のフォーマットをダウンロードし、申請書を作成します。
神奈川県では必要がない書類が、東京都では必要というように、なぜかローカルルール満載で、都道府県ごとに申請書類の中味が異なるので注意が必要です(行政書士も時々途惑います)。

➂公的書類をそろえる
住民票、登記簿、納税証明書、登記されていないことの証明書などの公的書類を税務署や法務局に行って発行してもらいます。

➃車両・容器の写真撮影
取得する産廃の品目を決定し、それに合わせて運搬車両と容器を確保して写真撮影します。
ナンバープレートが見えにくかったりすると撮り直しを命じられます。

➄申請する
申請予約日に都道府県庁に行き、書類一式を提出します。
添付書類が足りなかったり、記載に誤りがあると役所から「補正(訂正のことです)」を命じられますが、後日不足の書類や修正書類を持ってあらためて都道府県庁に行きます。
「補正」を2度ないし3度ぐらい受ければ、大概申請書類は受け取ってもらえます。

➅許可が下りる
審査に問題がなければ書類を受理してもらってから2.5ケ月の審査期間を経て許可がおります。
ただし申請内容に重大な不備があると不許可となります(申請手数料は返金されません)。

いかがですか? 
手引書を見ての書類つくりと、都道府県庁への申請に、延べ日数にしておおよそ一週間はこれだけのために拘束されますので、ちょっと気が滅入りますね。

そして、最悪なのは申請内容に重大な不備があると、許可がもらえないというリスクがあります。

当事務所にお任せいただいた場合のサービスの流れ
(※当然取得率は100%です。)

行政書士は、報酬をいただいて許認可申請をするプロフェッショナルです。

『許可取得に失敗したら完全返金します』というスタンスはとても恥ずかしいことで、プロの仕事ではありませんから、当事務所はそういう意味で『許可取得に失敗したら完全返金します』という概念がありません。

➀当事務所に相談の電話をいただく
「許可の4要件」を確認させていただき、クリアできていれば見積書を提出します。
残念ながら4要件をクリアできていない場合は、解決策をアドバイス差し上げます。
ここまでは、費用は一切かかりません。

➁当事務所に委任していただく
見積金額にご納得いただけましたら正式に当事務所に依頼してください。

➂書類の押印等
申請書類や委任状等への押印をお願いします。
代理取得できる公的書類等は、当事務所で取得します。

➃許可が下りる
おめでとうございます。許可が下りました。
※事前相談をして見積書をもらったものの、「今回は取得を見送る」「頑張って自分で許可申請にトライする」「他の行政書士に依頼する」など事情があっても、それはいたし方ありません。
今回は御縁がなかったということで、次回のご相談をお待ちしております。

費用対効果を計算してみてください。
廃棄物行政に通じている行政書士(産廃のことがわかっている行政書士でないといけません。
そうでないとストレスが溜まります。)に依頼する
ほうが格段にメリットが大きいです。
申請に費やす時間は、どうぞ本業に充ててください。

また、知らないうちに「廃棄物処理法違反」を侵してしまい、せっかく取得した大事な許可を取り消されるということが無いように、当事務所では、委託契約書・マニフェストなど廃棄物処理法の運用アドバイスや、法務相談のアフターフォローを充実させています

ご依頼から許可取得までの詳細はこちらから >>> 許可取得までの流れ

❖❖ 失敗しない行政書士事務所の選び方❖❖ 

こんな行政書士には頼まない!その①
■公的書類の全部をお客様に取得してもらう‼

住民票可申請のためには、以下のようないくつかの公的書類を準備しなければなりません。

  • 法人の履歴事項全部証明書
  • 役員や株主の住民票抄本
  • 役員や株主の登記されていないことの証明書
  • 法人税の納税証明書その1

そのため、役所や法務局などに出向く必要も出てきますが、これらを「全部お客様のほうで準備してください。」と言われたら要注意です。

なるべく本業に差し支えないように、お金を出して申請業務を依頼するのですから、行政書士で取得できるものは取得してもらってください。

当事務所は、公的書類については委任状等をいただいて代理取得させていただいております。

こんな行政書士には頼まない!その②
■お客様に取得したい「産廃の品目」を聞いてくる‼

普通産廃には20品目ありますが、「どの品目を取得したいですか?」と言われたら要注意です。

お客様が希望する品目をそのまま申請書に記載して窓口に申請するのが、行政書士の仕事ではありません。

お客様が「汚泥」の収集運搬をされる場合、例えば5%程度の油が混入していた場合、この汚泥は「汚泥と廃油の混合物」になり、許可申請の際には「汚泥」と「廃油」で申請が必要になります。

許可を取得した後に品目を追加するには、「変更許可」が必要で、またまた申請手数料が必要になってしまいます。

お客様の仕事の大枠を考えて、将来必要となるだろうと思われる品目もあらかじめ申請することも必要になります。

一度申請してしまってから、あれも取っておけばよかったとならないように当事務所は心がけています。

こんな行政書士には頼まない!その③
■「万一許可がおりなかったら完全返金します‼」はありません。

このキャッチフレーズは、行政書士自身が、お金を出して許可申請を頼んだのに「それは無いだろ~」となるケースがあると認めてしまっています。

許可取得の可能性があれば細かなアドバイスでそれを可能にし、許可取得の可能性が無い場合は、初めから無いと申し上げて不足している許可の要件をきちんと説明するのがプロの仕事です。

申請してみたものの「結果ダメでした」は、プロとして恥ずかしいことで万が一にもあってはなりません。

こんな行政書士には頼まない!番外編
■事務所のHPに行政書士の顔写真を掲載していない。

サイトに来ていただいたお客様に対し「この行政書士は信頼できそうだし、誠実そうだ」と思ってもらい、電話で問合せしてみようかなと考えているお客様の背中を押してあげるのが、顔写真を掲載する目的です。

HPに顔写真を掲載するというのは、士業のWebマーケティングの半ば常識・セオリーなのですが、掲載していないHPには「何か訳があるのかも?」知れません。

私はご覧いただいているトップページの顔写真を、新横浜の腕の良いと評判のプロの写真屋さんに24,000円(税別)で撮影してもらいました。

家人には「逆効果じゃねえ?」と言われてへこみましたが、お客様のプラスの反応を期待して掲載しています、24,000円もかけたんだし・・・。

❖❖ Y&Y行政書士事務所をお使いいただく「7つのメリット」 ❖❖ 

7つのメリット その①
■迅速対応。電話一本で収集運搬業許可取得の可否と取得方法をお答えします‼

見積書まずはお見積り(無料)のお電話を!⇒「ホームページを見た。」とお伝えください。

  • ☑ 許可が取得できるか?すぐに判定いたします。
  • ☑ 取得できる場合は、お見積書をメール又はFAXいたします(無料です)。
  • ☑ 要件を満たさない場合、どうすればよいかをアドバイス差し上げます。
  • ☑ その他廃棄物(産廃・一廃)に関するご相談、なんでも承ります。
日本全国すべての都道府県の許可申請を全部サポートいたします。

7つのメリット その②
■ Web申込み限定! 毎月10社限定の特別割引キャンペーン実施中‼

「HPを見た!」とおっしゃっていただいたお客様を対象に、毎月10社限定の特別割引価格でお見積りいたします。

産業廃棄物収集運搬業許可(新規)の場合  83,000円 ⇒⇒ 68,000円

サービス内容・報酬の詳細はこちらから >>> サービス内容・報酬額

7つのメリット その③
■産廃許可申請に関する「講習会の手引き」差し上げます‼

講習会手引き許可申請には、役員の方どなたかおひとりが
指定の「講習会」を受講し、修了試験(難しくありません)に
合格して修了証をもらう必要があります。

講習会の受講申し込みはWebからできますが、
書面で申し込むお客様には申込書がセットになった
「講習会の手引き」を差し上げますので、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

講習会の開催日と会場はこちら>>>
講習会の開催日程と会場(日本全国どこでもOK!)

7つのメリット その④
■「講習会の受講申し込み」代行いたします‼

講習会の受講申し込みはご自身でWebからでもできますが、時間が無いというお客様は、当事務所で受講申し込みの手続きを代行いたします。

受講者の写真の準備及び受講料はお客様でご負担願います。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

受講料はこちら >>> 許可の4要件 ②技術

7つのメリット その⑤
■6ヶ月間の無料法務相談特約が付いています‼

当事務所で「収集運搬業の新規許可」を取得いただいたお客様限定で、以下のご相談案件について、6ヶ月間無料でE-メールによるご相談をお受けいたします。

  1. 建設廃棄物の処理についてのご相談
  2. 委託契約書の内容、マニフェストの運用についてのご相談
  3. 廃棄物処理法の運用についてのご相談
  4. 会社設立のご相談
  5. 資金調達、財務管理についてのご相談
  6. Web集客についてのご相談

※契約書などの書類作成や調査業務などが発生する場合は、別途費用がかかりますのでご了解ください。

7つのメリット その⑥
■廃棄物処理法の社内セミナーをやらせていただきます‼

セミナー講師廃棄物処理法は、重いものから軽いものまで多種多様な罰則が取り揃えられており、せっかく産廃収集運搬業の許可を取得したのに、知らないうちに法律違反をしていて、許可の取り消しになることもあります。

そのようなことの無い様に、当事務所で許可を取得いただき、あらたに産廃収集運搬業に参入されたお客様(又は従業員様)に対し、ご希望により休日を利用した3時間の「産業廃棄物実務セミナー」をお客様の事務所にて開催させていただきます。

7つのメリット その⑦
■建設業・古物商許可の取得も希望されるお客様。特典を用意しました‼

当事務所で「収集運搬業の新規許可」を取得いただいたお客様が、あらたに「建設業許可」「古物商許可」「解体工事業登録」「電気工事業登録」「倉庫業許可」などの新規取得を計画されている場合、標準報酬額の5%OFFで許可申請のお手伝いをさせていただきます。

建設業許可・公共事業への入札参加を検討されているお客様はこちら
>>> 経審・入札参加資格申請サポート

❖❖ お客様の声 ❖❖

悠心商事長内社長
法人(株式会社)設立後、半年で新規に神奈川県の産業廃棄物収集運搬許可を取得された、神奈川県厚木市の建設業「悠心商事株式会社」様をご紹介致します。

お客様の声

❖❖ 追伸 産廃収集運搬業許可の取得をお考えのお客様へ ❖❖

申請書類を作成し、添付書類を用意すれば、ご自身で許可の申請が可能です。

しかし、会社の財務基盤が手引きの要件をクリアできなかったり、設立間もない法人であったりすると、準備する書類等が増えて煩わしさが倍増します。

  1. 大急ぎで許可を取得したい
  2. 自分で申請する時間が無い
  3. 開業して間が無く、3期分の決算書類がない
  4. 現在、債務超過の状況にある
  5. 直近3期の決算で経常収支がマイナスの年がある
  6. 個人事業者として許可をとりたい
  7. 許可の更新を忘れていて、あと1週間で許可が切れる
  8. 特別管理産業廃棄物の収集運搬許可を取りたい
  9. 積替え保管ありの収集運搬許可を取りたい
  10. 中間処理業許可を取りたい
  11. 一般廃棄物収集運搬許可を取りたい

これらのうち一つでもあてはまる場合は、まずはお気軽にご相談ください。

また、許可申請の代行だけであれば、許認可専門の行政書士にご依頼いただければ問題ないと思いますが、重要なのは許可を取得してからのフォローです。

産廃の不法投棄が後を絶たないため、廃棄物処理法は、年を追うごとに違反に対する行政処分が重くなる傾向にあり、しかも細かな法の網をかけています。

知らないうちに廃棄物処理法に違反した運用をした場合、一発で許可の取り消しになります。

私どもは許可取得後も、せっかく取得した許可を取り消されることのないよう、委託契約書やマニフェストの運用をはじめ、廃棄物処理法の運用についてしっかりとバックアップさせていただきます。

お客様の事業発展に少しでもお役に立てれば幸いです。

Y&Y行政書士事務所 代表 斉藤祐二
任せなさい
トップページはここまでです。

古物商許可の申請窓口でいつも思うこと

古物商許可の申請先は警察署の生活安全課

刑事さん2古物商許可をお客様の代理として、各地の管轄する警察署に許可申請することも行政書士の仕事です。

古物商を行なう事務所を管轄する最寄りの警察署の生活安全課(防犯係)に申請書類を提出して受理されると、公安委員会が許可を出します。

所定の申請書類に必要事項を記入し、住民票・身分証明証・登記されていないことの証明書を用意して、簡単な経歴書を作成すれば準備完了です。

ただし、ひとつだけ注意が必要なのは、申請書第一面の申請者の印鑑を押印するところです。

なぜかしら警察署によって対応がまちまちなで、違っていればダメ出しをくらいますから、あらかじめ電話で確認するか、またははじめから実印を押印するほうが良いかもしれません。

●さてどのハンコを押しましょうか

  • 個人も法人も「シャチハタ以外であればOK」
  • 個人は認め印でもいいけど、法人は代表者印
  • 個人も実印、法人も代表者印

許可申請自体が難しくありませんから、わざわざ行政書士に依頼をせずにご自身で申請する方も多いのですが、「自分で申請する時間がない」とか「警察が苦手だ」とか「訳があって警察が嫌いだ」という方から申請の依頼をいただきます。

お客様の気持ちもよくわかります。

昨今、産廃の許可申請のために県庁などの廃棄物指導課などに行きますと、ひと昔前のお役所とは全く違う職員の方の丁寧な応対に感動を覚え、お役所も行政書士事務所と同じ「サービス業」なんだとあらためて思うわけです。
(more…)

一般廃棄物行政のホントのところ

遺品整理や片付け整理の代行業が大繁盛のようですが・・・

廃品回収車遺品整理や片付け整理を代行するビジネスを始めた又はこれから始めたいという方から、許認可等のご相談をいただくのですが、その数が年々増えてきていることを実感しています。

遺品整理や片付け整理を業者に頼みたいという需要が大変多いのだろうと想像します。

相談内容のトップは、『遺品整理や片付けを代行し、その際に出てきた廃棄物を市区町村の清掃センターに運びたい』というご要望なのですが、現状ではどこの自治体もこのようなケースではOKサインを出しません。

古物商の許可を取得して依頼者にとって不要となったものを買い取ることはもちろんできますが、最後の最後、どう見ても粗大ゴミとして処分せざるを得ない大型の廃棄物の処理にハタと困ってしまいます。
(more…)

こんな分別はいらない!

こんな電器屋さんもいます

最近の話しですが、ある方から次のような相談の電話をいただきました。

電話をするお兄さん●相談の概要

  1. 相談者の隣家は、昔ながらの街の電器屋さん。
  2. 顧客サービスの一環として、古い蛍光ランプの取り換えをしている。
  3. 下取りした廃蛍光ランプを店舗の外に保管をしてシートをかぶせている。
  4. 保管場所が廃蛍光ランプでいっぱいになると、棒で突っついて破砕している。
  5. 隣に住むものとして健康被害を気にしてクレームをつけているが改善されない。

街の電器屋さんが、わざわざ「積替え保管の収集運搬業許可」を取得しているとは考えにくいので、蛍光ランプの取り換えサービスの際に出た廃蛍光ランプを「下取り」というかたちで店に持ち帰り、それをストックしているのかも知れません。

廃蛍光ランプを持ち帰ること自体は「正しい下取り」ですので、廃棄物処理法上はまったく問題ありません。

正しい下取りの記事はこちら >>> 安易な「下取り」にご用心!
(more…)

マグロの食べ過ぎにご用心!

「水銀に関する水俣条約」の発効で思ったこと

水銀22017年8月16日に「水銀に関する水俣条約」が日本国内で発効しました。

この条約では、水銀の人為的排出量を削減し地球的規模の水銀汚染防止を図ることを目的に、水銀の一次採掘から貿易、水銀添加製品や製造工程での水銀利用、大気への排出や水・土壌への放出、水銀廃棄物に至るまで、その扱いが大きく規制されることになります。

これに先立って2017年6月9日に環境省は廃棄物処理法の施行規則の一部を改正する省令を公布、平成29年10月1日からは身近な「水銀使用製品」が廃棄物になった時の処理の方法が細かく規制されることになりました。

改正の詳細は下記の記事に譲り、ここでは「水銀廃棄物」と「魚介類」に関しての他愛のない話しを紹介いたします。

施行規則改正の詳細はこちら >>> 水銀廃棄物の取扱いがおおきく変わりました!

地球規模の壮大な水銀の循環

下の図は、環境省が行なった規則改正の説明会で使用した資料の抜粋で、地球規模の水銀の循環を図式にしたものです(環境省のHPにあります)。
(more…)

梱包資材の排出事業者は誰?

梱包資材がどの時点でお役御免になるのかがポイント

お客様から以下のような質問をよく受けます。

「自社の製品を顧客に納品した際、顧客から梱包資材一式を引き取って欲しいと言われ、段ボールや緩衝材などを自社に持ち帰って来るのですが、これは問題ないですか?」

荷物を運ぶ運送屋さん「サービスの一環で当然持ち帰りでしょう。お客様が持って帰ってと言っているのに、いや廃棄物の収集運搬許可がないので置いて帰りますって言えないし、第一そんな些細なことを気にする人がいるの?」

と、大概の人はこう思いますが、廃棄物処理法を遵守されている企業は、こんなところにもちゃんと目を向けていらっしゃいます。

さて、廃棄物処理法では、この問いに対する明確な条文などがありませんので、一般的に運用されている見解をご紹介します。

その梱包資材がどの時点で不要になるかという視点がポイントです。
(more…)

お問い合わせはこちら

産廃専門 Y&Y行政書士事務所
行政書士 斉藤祐二
神奈川県行政書士会所属(登録番号:第15090437号)
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-20
ヒューマンハイム新横浜701
電話 045-594-8202   FAX 045-594-8203
E-mail info@yy-sanpai.com(24時間対応)
営業時間:朝7時~18時(土日祝日休み)
※事前に連絡いただければ、夜間休日対応させていただきます。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab