神奈川・東京での産業廃棄物収集運搬業許可なら新横浜の産廃専門 Y&Y行政書士事務所へ。積替保管などの申請も対応。

HOME » 産廃行政書士の”凡事徹底”コラム » 日本人はこんなに廃棄物を出している

日本人はこんなに廃棄物を出している

日本全体で「一般廃棄物」はどれくらい排出されていると思いますか?

環境省が平成24年度の一年間に排出された一般廃棄物の量を発表しています。

1年間排出される一般廃棄物の量 ⇒ 4,500万トン(東京ドーム約122杯分)
ゴミ収集作業員一般廃棄物には、家庭から排出される「生活系ごみ」とオフィスなどから排出される「事業系ごみ」に分けられますが、その比率は65:35で生活系ごみが事業系ごみの2倍近く排出されています。

これを日本の現在の人口1億2,688万人(総務省2015年5月概算値)で割り算すると、日本人一人当たりどれぐらい一般廃棄物を排出しているかがわかります。

日本人一人当たりが一日当たりに排出する一般廃棄物の量 ⇒ 972グラム

排出された一般廃棄物の20.5%はリサイクルされ、再資源化されています。

再資源化されない一般廃棄物の約80%は焼却処分され、最終処分場にて埋め立て処理される割合は約11%で、国民一人当たり一日に「107グラム」の一般廃棄物を地球に埋め立てているという計算になります。

一般廃棄物の排出量は、平成14年度が約5,400万トンですから、10年間で15%以上も減少しており、これは市民レベルでの廃棄物の減量化意識が浸透している証拠だと思いますが、平成21年度あたりから排出量は横ばいで頭打ちの状況です。

日本全体で「産業廃棄物」はどれくらい排出されていると思いますか?

環境省は、平成24年度の1年間の産業廃棄物の総排出量を発表しています。

1年間排出される産業廃棄物の量 ⇒ 3億8,000万トン(東京ドーム約1,030杯分)
ゴミの埋立一般廃棄物の8.5倍も排出されていますが、そのうちの約55%は何らかの形で再生利用されており、最終的に地球に埋め立てられているのは、4%(1,300万トン)です。

産廃の種類別でみた内訳は以下のとおりです。
1位 汚泥(全体の43%)
2位 動物の糞尿(全体の23%)
3位 がれき(全体の16%)

石坂産業株式会社

ネットでたいへんよい動画を見つけました。

この方、中間処理場を経営する石坂産業株式会社の女性社長の石坂典子さんです。

自分の産廃処理という仕事について熱く語っているこの動画、共感しました。

皆さんもどうぞ。

これがこれからの産廃ビジネス

石坂産業株式会社は、1999年所沢市で起きたダイオキシン誤報道事件(朝日テレビNステ:久米宏懐かしい!)で、ホウレンソウ農家に恨みをかった産業廃棄物中間処理業者です。

しかし、石坂産業は、この災いが転じて「産廃屋」から「リサイクル企業」に変わっていきました。

個人住宅などを解体した際に出る建廃(ガレキ類)に特化し、持ち込まれる混合廃棄物を機械や手作業で細かく選別し、再生チップや燃料、砂などにリサイクルして販売しています。

40億円を投資して全天候型の屋内のリサイクル工場を作り、減量化・リサイクル率は約97%。

従業員数120名で年商40億円、年間の工場見学者2,000人といいますからすごいです。

石坂社長は「迷惑産業」「ゴミ屋の娘」と言われ、これをバネに「産廃屋」のイメージを変えていこうと頑張っておられます。

これからの産廃ビジネスはこうあるべきだとヒントを与えてくれました。

是非、一度工場見学させていただきたいと思っています。

  • 大急ぎで産廃収集運搬業許可を取りたい!
  • 今の自分は許可が取れるのかを診断してほしい!
  • そもそも許可が必要なのか、必要ならどの許可かを相談したい!

という方は、>>>神奈川・東京での産業廃棄物収集運搬業許可なら新横浜の産廃専門 Y&Y行政書士事務所に全部お任せ下さい!

お問い合わせはこちら

産廃専門 Y&Y行政書士事務所
行政書士 斉藤祐二
神奈川県行政書士会所属(登録番号:第15090437号)
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-20
ヒューマンハイム新横浜701
電話 045-594-8202   FAX 045-594-8203
E-mail info@yy-sanpai.com(24時間対応)
営業時間:朝7時~18時(土日祝日休み)
※事前に連絡いただければ、夜間休日対応させていただきます。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab